・・『ここから家』の成り立ち・・

2014年2月4日・・・

 

ここから家をオープンさせていただきました。

 

 

ここから家をオープンするまでに至る経緯を、

ここで少し紹介させていただきます・・・。

 

・・警察を辞めて施術家の道へ・・

私は幼少のころから柔道をしていました。

 

手前味噌ですが・・

小さいころからそこそこ優勝する事が多かったので、

高校は柔道でスカウトされ、

広島県福山市の

【近畿大学附属福山高等学校】

に柔道で進学しました。

 

 

そこから柔道漬けの人生がスタートするのですが、

大学も柔道により打ち込める環境を求め、

千葉県勝浦市にある

【国際武道大学】

に進学しました。

 

大学でもそれなりの実績を納めたことを評価され、

就職は

【広島県警察】

に柔道で特別推薦の試験を受けました。

 

そして平成元年4月、

広島県警察官を拝命しました。

 

 

しかし・・

柔道の現役中はたくさんの怪我に悩まされ、

思うような実績を残すことができずに過ごしていました。

 

20歳代後半になると、

そろそろ現役を続けていくことに限界を感じ始めました。

 

 

そんな中、

怪我でいつも通院していた接骨院という仕事に興味を持ち始めました。

 

 

このまま現役が終わると普通のおまわりさんになってしまう。。。

そのまま警察官でいいのか・・・

それとも・・・

 

心の中でいろいろ葛藤しながら過ごしていましたが、

 

 

30歳の時、

思い切って警察官を辞めて、

接骨院の専門学校に行くことを決意しました。

 

 

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 

愛知県名古屋市にある

【米田柔整専門学校】

に入学。

 

そこで解剖学や生理学、

運動学や柔道制服理論などの、

柔道整復師として必要な勉強を3年間行い、

 

卒業前に柔道整復師の国家試験を受験し合格!

 

柔道整復師として、

広島に帰ってきました。

 

 

 

 

 

・・整形外科での臨床経験・・

柔道整復師の資格を取って広島に戻ってからは、

 

広島安佐南区緑井にある

【マキツボ整形外科クリニック】

に勤めさせていただきました。

 

 

病院では主に、

リハビリ室での患者さんへのリハビリ業務でしたが、

院長先生の計らいで、

 

レントゲン室でのレントゲン撮影の補助、

処置室において骨折や脱臼などの整復の補助、

処置室で捻挫や筋挫傷に対する処置の補助、

 

などもさせていただきながら、

接骨院を開業したときに必要なスキルを身につけさせていただきました。

 

 

 

そして約8か月間、

勤務させていただきながら臨床経験を積ませていただきました。

 

 

 

エネルギーを使うこと・・

実はこの頃から少しずつ使うようになっていました。

 

 

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 

 

マキツボ整形外科では、

木曜日の午後が休診となってて、

 

その午後の時間を使って、

お世話になっていた接骨院に勉強に行かせていただいてました。

 

 

そこで、

警察官時代は患者として受けてたエネルギーを、

施術する立場としてエネルギーを見ることになります。

 

 

忘れもしませんが、

一番最初に行かせていただいた日に、

いきなり大きな衝撃を受けることになりました。

 

 

 

3年間の専門学校での経験や詰め込んできた知識があるので、

そんな意識で接骨院での先生の施術を見ていました。

 

 

しかし・・・

そこにはそんな経験や知識とは全く違う世界が広がってました。

 

 

首が痛い・・というご婦人を椅子に座らせ、

背後に先生がおられ、

 

パントマイムみたいに手をコネコネさせてかと思うと、

その女性の首の痛みが消えました。

 

(あれ? なにそれ??)

 

という感じでしたが、

そんなことが、

腰が痛い人や、方が痛い人など、

どの患者さんにも起こるのです。

 

 

今まで学んできたことは置いておいて、

このエネルギーはエネルギーとして、

学ばせてもらいたい!

 

 

そう思って、

毎週木曜日の午後は、

接骨院にお邪魔して勉強させていただいてました。

 

 

そして

病院のリハビリ室でも、

ちょこちょこっと真似ごとのような事をしていました。

 

 

しかし・・

その真似ごとのような状態でも、

患者さんの中に治っていく人がそこそこおられて・・・

 

 

 

私はどんどんエネルギーの世界にはまっていきました。

 

 

・・山口接骨院開業・・

マキツボ整形外科クリニックを退職し、

 

自宅のある広島市安佐北区三入東(桐陽台)に、

【山口接骨院】

を開業しました。

 

 

もちろん、

接骨院でもエネルギーを使った施術を行っていました。

 

 

しかし、

接骨院という業務は、

 

「骨折」「脱臼」「捻挫」「打撲」「挫傷」

 

に対してしか施術ができないことになっていて、

 

 

慢性腰痛や肩こりなどの慢性的な症状は保険適応外で、

また、

アトピーやリウマチ、

その他の様々な疾患に対しても、

接骨院では業務範囲外ということで

診ることができません。

 

 

しかし、

エネルギーというものの可能性を感じていたので、

どんどんそんな症状にもエネルギーでアプローチしたい!

 

 

そんな思いがどんどん強くなっていきました。

 

 

そして3年半ほど接骨院をやりましたが、

ある時期からその思いが強くなり、

 

【山口接骨院】を閉院し、

広島市中区の方に完全に拠点を移して、

実費診療のサロンを擦ることになりました。。。

 

 

 

 

 

・・私がエネルギーでの自立を決意した出来事・・

山口接骨院をやってることの話です。。。

 

 

私は少年柔道の指導もしてて、

ある日、

長野県松本市で行われる大きな大会に、

子供たちの引率で行ったのですが、

 

そのときの出来事が、

私の人生をエネルギーにささげようと決意するほど衝撃的なことが起こりました。

 

 

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 

 

連れて行ってた当時1年生の男の子がいました。

 

その子がアップをしているときに、

足の付け根(股関節辺り)から太ももにかけて痛みを訴え始めました。

 

特に捻ったとかぶつけたとか、

原因らしきことはなく、

 

ただただ「痛い!痛い!」といって、

その男の子は泣いていました。

 

 

フロアの救護班に連れていくと、

おそらく今日の試合は出れなくなる・・

 

とっさにそう判断した私は、

私にできることとして、

エネルギーを使ってみようと思いました。

 

 

そして、

その子を連れて裏のスペースに行き、

その子に対して、

その当時私のできるエネルギーのアプローチをいろいろやってみました。

 

 

すると。。

なんとその子は徐々に痛みがなくなっていき、

最後にはスキップしても走っても痛くないくらいの状況にまで回復し、

 

試合にも無事に出ることができました。

 

 

あの時、

私にエネルギーを使うという選択肢がなかったら・・

 

そもそも、

エネルギーという存在を知らなかったら・・

 

 

その子は試合にも出られなかったと思います。

 

 

 

その時は、

こころの底からエネルギーに感謝しました。

 

 

 

あの出来後を経験し、

私はこれからもずっとエネルギーを使い続けていきたいと思いましたし、

もっともっとエネルギーが使えるようになりたい!

 

と思いました。。。

 

 

 

ある意味、

私の人生の「ターニング・ポイント」でもありました。。。

 

 

 

・・イメージ療法のサロン・・

3年半で【山口接骨院】を閉院し、

広島市中区袋町のあるビルの2階のテナントを借りて、

 

【イー・イメージ】

 

という実費診療のサロンをオープンしました。

 

 

もちろん、

エネルギーを使った施術を行うためのサロンです。

 

 

イー・イメージは約9年間やらせていただきました。

 

 

接骨院という形態から、

エネルギーを使った実費診療のサロンという形態に換え、

私は前途洋々の気持ちでおりましたが・・・

 

 

実際はそうな甘くなく・・

 

集客に苦しみ、

経営に苦しみ・・

 

辛く厳しい時期を過ごすことになりました。

 

 

とはいえ、

エネルギーを使っての結果については、

自分の予想を超えるような結果も出せたり、、、

 

だからこそ、

この仕事を辞めようとは思わず、

経営が苦しくても9年間続けることができました。

 

 

 

 

接骨院からの流れでもあり、

やはり腰痛や肩こりなどの肉体的な症状を診ることがほとんどでしたが、

 

次第にいろんな症状や状況の方々とのご縁がつながるようにもなりました。

 

 

中でも私の中での

施術に関する大きな気づきや経験となったのは、

 

《 心 》

 

に対するアプローチをする機会が増えてきたことです。

 

 

いわゆる、

「うつ」とか「パニック障害」的な状況の方から、

もっと深い症状のメンタルケアの患者さんとのご縁が多くつながるようになりました。

 

 

そして、

心のケアをするようになって、

 

肉体に症状を出してる人で、

なかなかどこに行っても治らないと言ってこられる方々は、

 

ストレス的な方向からのダメージによって、

メンタル的にもアプローチをした方が良い事にも気づき、

 

心と身体は繋がているんだなということを知る経験となりました。

 

 

 

ということで、

約9年間という長い間、

 

「イー・イメージ」

ということでエネルギーにかかっていきましたが、

 

ぶっちゃけた話、

もろもろの経費的な事を考慮して、

自宅でやる方が経費削減にもなる・・と判断し、

 

「イー・イメージ」を閉めて

拠点を自宅に戻して再スタートすることとなりました・・。

 

 

 

・・ここから家をスタート・・

拠点を自宅に戻すことを決め、

いろんなことを進めていく中で一番悩んだのが屋号です。。。

 

 

「イー・イメージ」

からどういう風に変えようか・・

 

相当悩みました。

 

 

 

自分たちの原点に返ったとき、

私はエネルギーを通じて、

 

痛みや心の不安などでつらく苦しい状況から解放してあげるお手伝いがした!

 

と思ってこの仕事をしてるということを、

改めて強く思い、

 

 

心と (ここ)

身体と (から)

を元気にしてここから再スタートしてもらいたい!

 

という願いを込めて、

 

 

 

  ここから家(や)

 

 

という屋号にしました!

 

 

ここから家ですが、

よく、

 

「ここからいえ?」

とか、

 

「ここからけ?」

とか言われることがありますが、

 

 

  こ こ か ら 

 

 

です!

 

よろしくお願いします。。。。(^o^)

 

 

 

そんなこんなで、

2014年2月4日にここから家をオープンし、

現在4年3か月が過ぎました。。。

 

 

 

エネルギーもここから家で使う私のエネルギーは、

 

【ゆるめ気(ゆるめぎ)】

 

という風に呼んでいます。

 

 

ゆるめ気を使って、

いろんなアプローチをしつつ、

 

ゆるめ気セラピーの講座も行っています。

 

 

そして、

【みたまリーディング】

の山口泰子(家内)も、

 

みたまリーディングのセッションを行うお部屋を用意して、

ここから家でもみたまリーディングを受けていただけるようにしています。

 

 

 

 

長くなりましたが、

 

そんなこんなでここから家です。。

 

 

よろしくお願いいたします。。。<(_ _)>